【3年生】いのちについて考えました(道徳)

3年生は道徳の学習で「いのちのまつり」を題材にいのちの尊さについて考えました。

たくさんのご先祖様たちが命をつないでくださったおかげで、今、自分の命があることを子供たちは理解することができました。

学習の最後には、自分のご先祖様にむけて手紙を書きました。

「つないでくれた命を大切に生きるね。」「私も将来、こどもを生んで命をつないでいくね。」など、一人一人思い思いの手紙を書くことができました。

 

【4年生】体育科、水泳学習スタート

7月5日(金)よりプールにて水泳学習が始まりました。

4年生になって初のプールに子供たちは興奮していました。今日の学習のめあては、泳ぐ時の姿勢とバタ足、水に慣れることでした。

子供たちは、「水しぶきが出ないバタ足は難しいな」「〇〇さんのバタ足は全然水が跳ねていない!」「ロケットみたいにすると前に進みやすい!」等、自分たちでコツを考えながら取り組んでいました。

最後は5分間のお楽しみタイム。友達と楽しそうに遊ぶ姿が見られました。

今後も安全に気を付けて、楽しく水泳学習を進めていきます。

【6年生】認知症サポーター養成講座

7月4日(木)に、南砺市地域包括支援センターから講師の方をお招きし、「認知症サポーター講座」を行いました。

スライドやDVDを視聴したり、寸劇に参加したりして、認知症について理解し、自分たちのできる対応について考えることができました。

最後には、認知症サポーターを認定するリストバンドもいただきました。

子どもたちは講座を通して、自分たちも認知症サポーターとして「認知症の方の支援や応援をしていきたい。」「認知症の方が安心できるような言葉がけを意識していきたい。」など意欲や関心を高めました。

【2年生】大きくそだて、わたしのやさい

2年生は、図画工作科で「大きくそだて、わたしのやさい」の学習に取り組んでいます。

「もし、お世話をしている野菜が〇〇に育ったら・・・」と想像を広げ、トマトのホテルやピーマンの家、キュウリのロケット等を描きました。

クレパスで描いた線が消えないように、絵の具や水の量を調整し、丁寧に色塗りをしました。

畑で育てている野菜のように、生き生きとした絵を描くことができました。

【1年生】生活科 つゆを たのしもう

「雨がたくさんふる!」「かえるとか、なめくじとかが出てくる!」

生活科の学習では、子供たちが知っている梅雨の特徴から、

この季節だからこそできる遊びを考えて、実際に遊びに行きました。

 

雨上がりの砂場では、川を作ったり、葉っぱの船を浮かべたりしました。

裸足になって砂や水の感触を楽しんでいる子もいました。

グラウンドやスキー山で、虫を探している子もいます。

虫かご一杯に葉っぱや枝を敷き詰めて、ダンゴムシやバッタ、コオロギのための

おうちを作っています。

 

 

【3年生】植物を育てよう(理科の学習)

3年生は理科の学習でひまわり、オクラ、綿花、ホウセンカ、ピーマンの5つの植物を種から育てています。5月に芽出しをするためにポットに植えた種はぐんぐん成長し、畑に植え替えの時期になりました。

植え替える前に、植物のつくり(根、茎、葉)について学ぶため、子供たちは土をきれいに落として観察をしました。「こんなに根って長いんだ!」「茎と直接つながっている根は特に太くて長いよ。」など発見がたくさんあったようです。

また、総合的な学習の時間に育てているカンアオイは日かげを好みます。そこで、カンアオイの近くにも、ひまわりを植えました。畑に植え替えをした後は、植え替えた植物に栄養が届くよう雑草をたくさん抜きました。

植物の成長を3年生全員で見守っていきたいと思います。

【1年生】ならべて できる かたちを みつけよう

1年生は図画工作科の学習で、たくさんのペットボトルキャップを並べたり、積み重ねたりして、

さまざまな形を作りました。

前回は床にキャップを並べて形を作る子供たちが多かったのですが、今回は高く積んだり、

長い壁のように並べたりする子供たちが多く、立体的な形がたくさん完成しました。

 

片付けるのがもったいない!という声もありましたが、子供たちは形を崩すことも、

色ごとに分けることも楽しんで、友達と協力しててきぱきと片付けることができました。

 

【4年生】松島浄水場見学

 6月21日(金)社会科の学習で、松島浄水場を見学しました。

 子供たちは、浄水場の方にお話を聞き、機械を実際に見て、自分たちの家に水道水が届くまでの過程を学びました。

 「どうして塩素を何度も入れるの?」「ろ過ってどういう仕組みなのだろう」等と疑問をもって浄水場の方に質問をしながら、浄水への理解を深めました。

【4年生】じょうはな じゃんとこ じゅにあについてお話を聞きました

  6月20日(木)、じょうはな じゃんとこ じゅにあ について犀川敏朗先生にお話を聞きました。

 子供たちは、初めて知る歴史に驚き、伝統を受け継いできた人の想いに心を動かされたようでした。

 じゃんとこいむぎやが、受け継ぐ人々の想いは大切にされつつも変化してきたことを知り、子供たちは、先輩たちの想いは大切にしながらも、自分たちらしさを出したじゃんとこいむぎやをつくりたいという気持ちを高めました。

 4年生は、現在一生懸命自分たちのじゃんとこいを考え、練習しています。

 披露の日をお楽しみに!

1 2 3 4 74